五稜化学社長ブログ
新規蛍光素材を扱う化学メーカー 五稜化学(株)
代表取締役 丸山健一のブログです。

2011年08月21日

カモメ?

町中にいる鳥と言えば、
からす.jpg

はと.jpg
は、当たり前ですが、

札幌市内で、カモメの声を聞いたときは驚きました。

↓道庁に住み着いているカモメ。。。
道庁に巣をつくっているカモメ.JPG

ちなみに札幌は日本海側から15Km内陸です。

そもそも鴨と一緒にいるのが絵的に変。。。

いろいろ調べてみると、海岸沿いよりも札幌市内の方がすみやすく10年ほど前から
居着いているそうです。鳥種はオオセグロカモメで、ススキノにもいるそうです。

日本野鳥の会(札幌支部)でも情報募集しているほどなので、よっぽど珍しいんでしょうね。
http://homepage3.nifty.com/sapporo-wbsj/hogotyousa/kamome.html
posted by 丸山健一 at 08:19| 北海道 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月07日

ニッチトップというけれど。。

ベンチャービジネスの要諦はニッチトップと言いますが、

今回は、以前から気になっていた専門店のご紹介。

まずは自由が丘にあるカエルグッズの専門店、その名も「フロッグス」。
mise02.jpg
カエル好きにはたまらない。でしょうね。

ポイントはズバリ「差別化」でしょう。

確かに、雑貨屋激戦区の自由が丘において
アジアンテイストに特化した店や、北欧文具を中心に取り揃えている
お店もありますが、店の入れ替わりの頻度を見る限り、流行に左右されやすいとも言えます。

逆に、フロッグスは自由が丘という雑貨を見る目が厳しい顧客が多い地区で、
真新しいカエルの切り口で差別化し、ニッチの顧客をつかんだ(創造した?)
と言えるのではないでしょうか。

そうなると、自由が丘ブランドを活かし多店舗展開もしやすい状況になりますし、
ファーストムーバーアドバンテージ(いわゆる先行者利益)を享受しやすいため、
他社がまねしようと思ってもしにくい状況になります。
生き残れている要因だと考えます。

いつも前を通るときは、気になってついつい立ち止まってしまいます。



次は、銀座にある歯ブラシ専門店「Megadent」。
11-07-29_002.jpg

こちらのポイントは「選択と集中」でしょうか。
ヘルスケア製品全般を取り扱うのではなく、オーラルケアに特化したところが、要因と考えます。
かなりの歯ブラシの種類があるので、自分好みの歯ブラシがないほうがおかしいですよね。
そういう期待感を持たせることも、顧客誘導の要因になりますよね。

本店はドイツにあるそうです。歯ブラシだけで世界展開できている。。
まさにグローバルニッチトップ。

最後に、道東にあったハンバーガーでニッチトップをめざす「エゾシカバーガー」。
11-08-01_018.jpg
http://www.yezodeer.com/topics/newsletter/burger.html

超激戦区のハンバーガー界での成功への秘訣は、
味はもちろんのこと、
EU圏では高級食材であるシカ肉の特徴、「高タンパク、低脂肪、低コレステロール」
をどこまで頒布できるかでしょう。

まずは、B級グルメの祭典、B−1グランプリで知名度あげることでしょうか(笑)




posted by 丸山健一 at 09:27| 北海道 ☁| 顧客開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月04日

早いもので・・・

ここ数日の夏らしい日差しで、

事務所裏のコーンの育ちがとてもよく、
一か月前は、
11-07-06_004.jpg
だったのが、

7月20日頃には
11-07-26_001.jpg
になり、


で、今日見ると
11-08-04_001.jpg

な感じです。


posted by 丸山健一 at 15:44| 北海道 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。