五稜化学社長ブログ
新規蛍光素材を扱う化学メーカー 五稜化学(株)
代表取締役 丸山健一のブログです。

2013年12月28日

本年は大変お世話になりました。来年もどうぞよろしくお願い致します。

皆様

本年も残すところ、後4日。
いろいろあった一年でしたが、お客様はじめ関係各位の方々には
大変お世話になりました。

まだまだ企業として足りない処だらけ。二歩進んでは一歩下がるとは
この事かと思いながらの一年だったかと思っております。

開発、製品、販売、顧客対応、社内体制。リーダーシップ。。

特に製品開発は、プロダクトアウトとマーケットインの狭間で揺れ動き、
FA部品や金型部品の専門商社ミスミの田口弘元社長がおっしゃる
”マーケットアウト”が如何に難しいかを体感した一年でもあります。

どのテーマをとっても反省すべき課題が山積です。
ただ、顧客創造に向けて何をやるべきかを掴んだのも事実。

来年も苦楽しながら一歩一歩、社員とともに自己の成長を
会社に投影しながら、”ものづくり”企業らしく歩んで参ります。

来年も引き続きよろしくお願い申し上げます。

五稜ならではのオンリーワン製品を皆様のお手元に。
「No probe, No Discovery」

noname.jpg
posted by 丸山健一 at 16:20| 北海道 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月14日

寒さの質?

おはようございます。
今週は関西のほうに出張して
風邪を引きかけた、丸山です。

この冬の時期、ご挨拶させて頂くと、
北海道からと申し上げると寒さに強いと思われがちですが、
実体験上、まったく逆である事を申し添えておきます(笑)。

いくつか原因が考えられるのですが、

1. 「南に行けば温かいんだ。」と本人が潜在意識レベルで誤解している。
→これは気持ちの問題。伊丹空港降り立った瞬間に
見事に期待が裏切られ、心が折れそうになります。
心身ともに切り替えに時間が必要。モノレール駅構内の寒さといったらもう。。

2.そもそも、北海道内の建物内はセントラルヒーティング。
→廊下まであったかい。つまり-10℃の外気温でも
建物の中に入ってしまえば、そこは冬でも20ディグリーセルシウスの極楽浄土。

3.雪を見れば、腹が据わる。(たまに雪を見た方が
暖かく感じるという方もいますが。)
→出張先で中途半端に、屋外で冷たいアスファルトを見てる方が、
足下から冷えてくる感じがします。リアルに木枯らしが吹いてる状態を見ると
寒気を催します。

4.基本的に冬は外を歩かない。
→この点は大きいです。地下通路、建物間移動は基本二重窓の
防寒ばっちり移動。地吹雪から身を守るためでもあります。

5.フルヒートテックレジスタードマーク
→最大の防寒要因。素の防寒性能が落ちてきてる。出張先では、ノーヒットテック仕様。
寒さに驚き、何度ユ●クロに駆け込んだ事か。。。



皆様、年末の折り、くれぐれもお風邪等引かぬよう、体調管理にはお気をつけ下さい。




posted by 丸山健一 at 11:03| 北海道 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月08日

秋も過ぎ・・

さて、やはりブログは
やはりマメに更新して行かないとと思っております。
(すみません。今更ながら。)

もう冬を迎えていようとかというタイミングで、
ベタに北大イチョウ並木を並べるのも・・
IMG_0311.JPG

IMG_0011.JPG

IMG_0310.JPG

神宮外苑の写真と並べると無理があると思うのは僕だけでしょうかw。

となるとやはり野生味溢れる本社周辺の風景で勝負した方が、、
写真 3.JPG

写真 1.JPG

写真 2.JPG

どう見てもキツネですよね。。北海道らしいといえばらしいですがw。


posted by 丸山健一 at 09:51| 北海道 ☔| 顧客開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。