五稜化学社長ブログ
新規蛍光素材を扱う化学メーカー 五稜化学(株)
代表取締役 丸山健一のブログです。

2011年04月06日

発光ショー

お待たせしました。

クレイジーケミストリー第二弾。
Y研究員による、発光ショーです。




個人的には、夜のネオン街を想起させるピンク色の発光が怪しげで気に入っております。

自分でいうのもなんですが、やはり光り物と言うのはつい見とれてしまう事もあり、
グッと引きつけられます。こういう光景を目にするたびに、子供の頃、夢中で作った
学研の「科学と学習」キットを思い出します。今でも化学を志すきっかけとなった
携帯ラジオや、プラネタリウムなど思い出すぐらいなので、多感な今の子供に見せると
相当のインパクトがあると思います。光ると必ず「なんで?」と好奇心満載で
聞き返してくるので、そこから学習が始まります。

子供の理科離れ云々を議論する前に、やって見せるほうが体で覚えます。

鈴木カップリングと化学発光を組み合わせ一つの教材キットとしても面白いと思っています。
Y取締役によろしくお願いしておきました。

ちなみに化学発光POLARIC(ポラリック)も近日中に画像集に加わりますのでお楽しみに。


posted by 丸山健一 at 21:43| 北海道 ☀| クレイジーケミストリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

蛍光スライム。。

POLARIC(ポラリック)合成の最中にふとしたことから、
溶媒を机にこぼしてしまい、その様子がまるで蛍光を発するスライムの様。。


もちろんこれもれっきとしたPOLARIC(ポラリック)。

試に何色に変わるのかと、興味津々でY研究員が酢酸をふりかけた映像がこれ↓



酸に応答した部分だけ蛍光黄色→青色に。。

ある意味、pH応答型蛍光ソルバトクロミックスライム。。。

絵的に気持ち悪いですね。はっきり言って。
とても売り物には。。。

でも溶媒だと赤に変わるのに、なんで青に変わるんだろ??


原理はともかくスライム理科実験と組み合わせると面白いかもしれない↓。

http://www.geocities.co.jp/CollegeLife/9446/neba.html




posted by 丸山健一 at 18:34| 北海道 ☀| クレイジーケミストリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。